IMG_4982
2017.01.26

90㎏→84㎏

何年言っているのでしょうか。 ダイエットって言葉。 お金をかけて太り、お金をかけて痩せる。 これが最後のダイエット、この言葉も何度も何度も言ってきましたが、恥を忍んでもう一度最後に言いましょう。   「これが最後のダイエットです!」   以前アソークのタイムズスクエアーの中にあるボディーメイクをしてくれるダイエットジム的な場所に3ヶ月通いました。 日本で言う結果にコミット系。この種の会社は星の数ほどありますが、結局勝ちレースなんです。 炭水化物を取らず、筋トレをする。 これさえ出来ればどんな人でも痩せることができます。   私も85キロから73キロぐらいまで痩せました。 すべての服を買い直す必要があったぐらいです。 しかし、首と腰のヘルニアでキツイ運動することが困難になり、ジムに行かなくなって徐々に、徐々に不摂生も始まりあれから1年以上。 今では元どおりに戻ってしまいました。   そして先月の一時帰国での暴飲暴食。 なんと人生初の90キロまで増えたではありませんか。   このままじゃ健康もそうですが、男としてまったくモテない。 大型バイクに乗っていても格好良くない! そんな不純ですが、一番やる気の源になる理由で再度始めることにしたのです。 タバコも4年半前にすんなり止められたんだから、できるはず! 今まで色んなダイエットサプリも試しましたが、無駄! 結局、自分の生活(食事)スタイルを変えないと無駄なんです。     【2017年1月6日から本日1月26日まで】 90キローーー>84キロ   〜朝〜 野菜不足な毎日。 たっぷりの水にチアシードを入れ、ドロドロに膨らませ、青汁を混ぜて飲みます。   〜昼〜 麦飯50グラム あとは魚、卵、スープ類 麦飯って30分水の中に入れ、そのまま弱火〜中火で5分ぐらいでできてしまう。結構簡単。 スプーンはあまり大きな物を使わず、口に入れたあと、口の中が無くなるまで一旦スプーンを机の上に置き、意識的に噛む・噛む・噛む。 そしてプチプチ・プチプチと意識的に長く長く噛んでいると結構美味しく、満腹にもなり、50gすら食べられない時も。   〜間食〜 糖質や炭水化物を限りなく使わず作ったプロテインチップス。 甘さが足りない時は、これも同じくボディービルダー達の愛用品、 糖質・炭水化物が極力入っていないクエストバー。 共にアソーク駅の改札の中に売っています。 甘い物はあまり好きでないので、このクエストバーは仕事をしながら半分ぐらいをゆっくりと白湯と一緒に食します。   〜夜〜 結局夜が一番のポイント。 食べても数時間後には寝るわけで、ここでどれだけ我慢が出来るか。 これがダイエット成功の鍵なんだと思います。 最近はまっているのは納豆キムチ。   納豆・・・骨の強化、骨粗鬆症・肥満・ガンの予防などの効果 キムチ・・・血圧・コレステロールの減少、血行促進・肥満防止・免疫力の向上効果 また血液サラサラ効果もあり、悪いこと無し。 そしてキムチの乳酸菌は納豆菌を餌にどんどん増えるそうですので、一緒に食すことで脂肪燃焼、腸洗浄になるらしいのです。 お腹が弱い私はこれを食べた翌日は軽い下痢に。。 ただ、タイ人家族にはこの臭いは最悪らしく、子供にまで臭いと言われて換気扇の下で食べています。   そんなこんなでやっと6キロ減。 しかし90キロが84キロになった所で、太っている事には全く変わりなく。 ここで諦めずに、来月末の奥様2児出産の日までに78キロぐらいになろうと思います。 続きを読む

IMG_4482
2017.01.25

タイ南部料理

以前、と言っても10年以上前、タイの南部ナコンシータマラート県とパタニー県の高校、大学で日本語教師をしていた時期がありました。 ナコンシータマラート県のトゥンソンという小さな外国人もいない町、そしてパタニーは南部危険地域に指定されており、毎日爆弾騒ぎや噂がある町での生活。今思えば毎日が最高にエクサイトした生活でした。 そんな生活で私を日に日に太らせた南部飯。 辛くて辛くてご飯が何杯でも食べられてしまうおかず。 そんな南部飯が食べたくなり、南部料理が有名なレストランに行って来ました。   名前は ครัวคุณอิ่น  (Krua Khun Ein)クルワ・クン・インといいます。 クルワ = 台所 クン・イン = インさん 「インさんの台所」 場所はラットプラオのここです。 スクンビットやシーロムエリアから離れておりますが、Crystal Design Center(クリスタルデザインセンター)やCentral Festival East Ville (セントラル フェスティバル イースト ビル)の近くと言えば少し土地勘があればイメージが湧くのではないでしょうか。   この辺りは結構ハイソな家も多く、客層は中流層。 昼ごはんの時には満席で座ることができないかも知れませんが、時間をずらせば問題ありません。   いらっしゃいませ。 こちら突き出しの野菜セットになります。 この草達をナムプリックガピ(写真右下)につけて食べます。 ※ ナムプリックガピの作り方 辛酸っぱい感じのこれ、家庭によって作り方や味付けが違うようですので、日本でいう母の味でしょうか。 これは、、、何だったのでしょうか。 肉かと思えればキノコのスープ。 濃厚で辛い。 辛さ慣れしていない人はスプーン一杯でご飯1杯いけるかもです。 エビとサトー豆炒め。 このサトーという豆は南部の定番の豆。 英語でstinky bean(臭い豆) 日本語では「ねじれふさ豆」というそうです。 ※作り方はこちら とにかく独特の臭いがし、翌日は尿からかなりの臭いを発します。 多分トイレに行った後、消臭スプレーをしても消えないかなと私は思っていますので、翌日大切なアポがある日は食べません。 これはヤム・カノムジン。 南部料理でしょうか? 私は苦手なので食べませんでした。 トート・マン・クン。 これも南部料理ではありませんが、子供用にオーダー。 ムー・サムチャン・トート。バラ肉を揚げたもの。 この味付けは私の中で大ヒット! お皿になっている入れ物も食べられるんです。 これは是非注文して欲しい。 カイジアオ。 子供用。 行く人はあまりいないかも知れませんが、何を頼んでいいかわからない人用(予習用)にメニューをのせておきます。 是非是非!!   続きを読む

2017.01.17

最近の育児生活

最近子供が体調を崩し、発熱が続く日々。 義理母は去年から実家戻っており、今週末まで戻ってこないとか。 (やった〜!マスオさんから解放だぁ〜!) しかし共働きですので子供に学校を休まれると私か奥様かどちらかが家で子供の面倒を見る必要があります。 タイでは気軽に比較的安く家政婦が雇える環境なのですが、家は狭いし、そもそも他人に自分の子供の世話を任せるなんて信用できないというか、なんていうか。 そして苦労してこそ愛情が更に増すとも思うのです。 まわりのタイ人は奥様なんで仕事辞めないの? どうして家政婦雇わないの? どうして運転手雇わないの?自分で運転するの? などなど余計なお世話な事を言いますが、タイ人は楽(らく)が大好き。 お金があれば運転手を雇い、家政婦を雇い、自分は何もしない。 それがステータスなようです。 日本人なら「そんな生活をしてたら堕落する!」と言いそうですが、そもそもお金があるので無駄な事は全部お金で他人にさせる事で本当にしたい事ができる、という貧乏人な私とは思考回路が違うのです。 話が違う方向へ行きましたが、とにかく比較的ネット環境があればどこでも仕事が可能な私が自宅で仕事をしつつ、電話などでスタッフに指示をしながら子供の世話を、、という数日間なのです。 来月末ぐらいに次の子供が産まれますが、そうなった時にはいよいよ家政婦を雇わないと無理かも!?と悩んでいます。 何れにしても日々育児と仕事の日々。 たまには何も気にせずゆっくり飲みに行きたいものです。 続きを読む

IMG_3967
2017.01.13

年末一時帰国 1

今更ですが明けましておめでとうございます。 昨年度は大変お世話になりました。 起業3年半、ここまでお客様が増えたのも毎日ご贔屓にしてくださるお客様と、毎日安全運転を心がけてくれているドライバー達、そして裏方として弊社を支えてくれているオフィスのスタッフ達のお陰だと想います。 今年もミスのないようにお手配を心がけますので、都レンタカーを何卒宜しくお願いいたします。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 弊社まだまだ規模が小さく、恥ずかしながら日本人は私一人で運営をしております。 通常は年末年始などは繁忙期なのですが、弊社はビジネス利用の方が比率的に多く、ビジネスマンの方は年末年始は一時帰国をされるため、私もこの機会に!と思い切って休みにして帰国をしております。 (タイ正月、ソンクランの時期も同じく) 今回は妊娠7ヶ月の奥様と4歳児を連れての帰国でした。 7ヶ月、もう全てが大きくペンギンのようにヨチヨチと歩いています。 今まで空港のラウンジに入ったことがなかったのですが、今回は手配をしてくれた空港関係の友達が入れるようにしてくて、初のラウンジ体験。 こんないい空間があったんですね。。 飛行機には数え切れないぐらい(?)乗りましたが、入った事ありませんでした。 軽食があり、ワイン、ビールがあり、シャワーがあり。 幸せだぁ〜。 深夜日でしたので息子もすぐに寝てくれ。 妊婦の奥様のおかげで一番前の広い席を用意してもらい、しかも隣が空いていたので移動して息子はゆっくりと足を伸ばして寝る事ができました。 しかし飛行機ってゆっくりできませんよね。 眠たいのに飲み物が来て、少し寝たと思えば朝食の時間。 関西空港に到着したら乗り合いのMKタクシーで家の前まで送迎。 関空から京都まで一人3000円。     1年ぶりの帰国。 変わらない家。 やっぱり自宅が一番落ち着きます。 そして私が一番楽しみにしている瞬間。 それは母親にお小遣いを渡す事。 今まで色々と心配や苦労をかけてきました。 タイで毎月母親貯金をし、1年分を一時帰国の時に渡すのです。 少ないかも知れませんが、大袈裟に喜んでくれる母親を見るこの瞬間が一番自分にとって誇らしいというか、なんというか。 また来年も1年頑張ろう、と思える瞬間なのです。   今回の一時帰国。 妊婦付きなので特にどこに行く事もできず。 朝は犬の散歩。 食べて。 食べて。 食べて。 食べて。 犬の散歩して。 従兄弟たちと遊んで。 紅白見て。 また食べて。 天橋立行って。 子供と遊んで。 そんな何の刺激も無いけれど平和で幸せな日々を過ごしてタイに帰国の日を迎えたのでした。 続きを読む

DCIM100GOPROGOPR2558.
2017.01.12

ドラえもん寺(スパンブリ県)

既に有名な場所で、今さら~? という感じかも知れませんが、ワット・サンパシウ(Wat Sam Pasieo)通称「ドラえもん寺」に行って来ました。 なぜにドラえもん、、、? 場所はバンコクから約片道120キロ離れたスパンブリ-県。 渋滞がなければ2時間程で到着です。 出発したのが週末、仕事を終えてからの昼過ぎでしたので、14時頃に到着。 さっそくミニドラえもんのお出迎え。 一件ふつ~の小さな寺院。 中にはお参りをしている親子の姿。 立派な壁画が所狭しと描かれています。 王妃も訪れ、ここで筆を入れられたようですね。 それにしても細かく描かれています。 昔の様子がよくわかります。 昔はアングリ―バードもいたんですねぇ。。。 ほら。描いてあるじゃないですか!? ベン10とドラえもんも! ムーミン・のび太・ドラえもんも。 こんな場所から覗いているドラえもん。 まだまだありましたが、後はご自身で見に行って下さい。^^; その後はお寺で買ったお守りをその寺の有名らしい住職の所に持って行き ありがたいお話を聞き、お守りにお祈りをして貰いパワーをいただきます。 よい出会いがあり、よい人脈が広がるとのこと そしてドラえもん寺を後にしました。 そのまま帰るのはもったいないので帰りはアユタヤに立ち寄ることに 一人焼肉。 ピーチ味のマッコリは微妙な味。 肉もいまいち。家の鉄板で焼く焼肉と同じ感じ。 やっぱり韓国焼肉は私には合わない。 でも、最初にくる小皿は好き。 やめておけばいいのに、誘惑に勝てず〆のレックさんラーメン(以前はバンコクにあったラーメン屋、アユタヤに移転し洪水にも負けず元気に営業中 アユタヤのヤマダ屋アパートメントに宿泊しで就寝、、、 そんな去年のお話でした。 続きを読む