2015.07.17

準備期間

最近騒ぎ出してどうしようも無くなってきたバイクの虫。 何度か週末ディーラーへ出向き、眺めたり試乗をしたり。   奥様は内心購入に反対のようです。 もしも貴方が事故でどうにかなってしまったら、残された家族はどうするの? というのが理由です。   高いからやめなさい! では無く、 【貴方は海外に来て友達もいないし、飲み歩いているわけでもなく、毎日会社と家の往復。 しかもマスオさんで家には落ち着いていれる場所も無い。せめて趣味のバイクぐらいいいのよ】 と言ってくれました! なんて理解のある奥様を選んだのでしょうか!!!! そんな理解ある家族の為にも、大切な会社の為にも細心の注意を払って運転をするつもりです。 なんて書きながらまだバイクを買ってもいないのですが、実は以前から身の回りのアイテムをちょっとずつ購入しているのです。   【バイク用のジャケット】 これ↑は防風性、防水性に優れているメーカーの公式ジャケットです。バイクを乗っている人の多くが好んで着ている為、「制服」と呼ばれています。 しかしどんな天候、気温でもこの1着で対応が出来るという品物ですので、な、な、なんと上下で20万円を超えちゃうとか! (高すぎる!) 勿論買えるはずもなく、かなりランクを落としたこんな感じの↓防水性無しのジャケットにしました。   別に雨で濡れても問題ありませんし、急ぐ旅では無いのですから雨が降ればどこかでボーっと雨宿りすればいい。そんなマッタリしたツーリングが好きな私にはピッタリです。   【ズボン】 下の写真のようなジャケットとお揃いがよかったのですが、予算の関係と、なんか暑そうという理由で却下。 伸縮性のあるジーンズ生地で、膝と横にプロテクターが入っている物にしました。 やっぱりこっちの方がしっくりきます。   【ブーツ】 膝下までしっかり守ってくれるガッチリとした頑丈なブーツも考えましたが。   このタイプは歴代のバイクで使用をしていたので、今回はちょっと違うタイプに挑戦。   こんな感じにしました。  どっちが安全かと言えば上のガッチリタイプだとは思いますが、下の黒いブーツもつま先やカカトなど安全靴のようにガチガチのカードが入っています。   【メット】 エンデューロなバイクと言えばこのタイプですよね。 メットはピンキリの価格設定がありますが、事故をした時に大切な頭を守ってくれる大切なアイテム。生死につながる物をケチってはいけません。 以前もこの↑タイプを使っていたので、今回は少し↓変えてみました。 これですが、え? さっきの写真のメットとどこが違うの?   そうなんです。 前がガバっと開くフリップアップのメット。 ちょっとした休憩時、コンビニに入る時、水を飲む時にメットを毎回脱ぐ必要がなくなります。 ネットで変な写真しか見つかりませんでしたが、こんな感じ。     しかしなんだこの写真。 なんでドーナツ?   【グローブ】 色んなタイプがありますが、今回はしっかとプロテクトしながら柔らかくて使いやすそうな品を選定。 もっと安い物ですがイメージとしてはこんな感じ。   【インカム】 日曜、祝日は会社はお休みとなっておりますので、お問い合わせやご予約のお電話は承っておりません。 (メールで送っていただければ毎日チェックはしておりますので!) しかし車が走ったいないわけでは無く、その日に利用されている方からの緊急電話(滅多にありませんが)などが無いとは言い切れませんので、ツーリング時も電話対応が出来る様に。       ヘルメットに取り付け、電話も動画も写真撮影もこれ1個で出来るとか。 詳細はコチラで。   残念ながら新発売の為在庫は無く、多分。。。バイクを買った頃には届くかも。。。 と、こんな感じで今直ぐにでもバイクに乗れる準備は整っているのですが、肝心のバイクはいつの事やら。^^;       続きを読む

2015.07.17

ガシコン銀行サービス停止

在タイの方は既にご存知だと思いますが、本日7月17日(金)22時~7月19日(日)22時まで全国のガシコン銀行の本支店での窓口業務とATMからの現金引き出しや預金、振込み、インターネットバンキングなど全てのサービスが停止されます。 ※ クレジットカードのみ使用可能! 週末現金を使ってどこかに遊びに行く予定がある方、今日の内に現金をご用意ください。     詳しくはこちらを。 続きを読む

2015.07.4

早朝の悩み

息子が可愛い。本当に可愛い。 親バカだと言われますが自分の子供がこんなに可愛く感じるなんて思ってもいませんでした。 相変わらず毎朝早起きして幼稚園に送迎していますが、まだ苦にはなっていません。 (毎朝送迎時の信号待ちで成長の記録として1枚写真を撮るのですが、最近は撮らせてくれません)   しかし変わらずパパっ子な時期が続いており、起きて私がいないと「パパ!パパ!」と号泣。 朝のシャワーも歯磨きも奥様には一切手伝わせず、「パパがする!」と言って困ったものです。 奥様は何か餌(好きな食べ物を買ってあげる、オモチャ見に行く?など。。)が無ければ子供がパパから離れてくれず、嬉しいのですがこのままだと私のある計画がスムーズにいかなくなります。   それは、日曜早朝ツーリング!!! これは以前のバイク、カワサキのベルシス。 休日は家族がまだ寝ている太陽も登っていない時間からアユタヤーまで一気に行き、モーニングコーヒーを飲んで帰って来ていました。     家に帰るのは朝の8時頃。まだ皆寝ている時間です。 これって色んなバイカーのブログを見ていても、本当に同じ事を書いている人多いですよね。 「罪悪感」 一生懸命働き、家にもしっかりお金を入れ、家庭の事も手伝い、毎日会社と家だけの往復。 飲み歩いているわけでも、女の子遊びしているわけでも無い。 でも大きな玩具を購入して、一人でツーリングをすると何故か罪悪感を感じてしまうんですよね。 奥様にも言っています。 「私の趣味はツーリング。奥様も何かしたい事があったらしていいし、友達と飲みに行っても遊びに行ってもいいから。その時間は私が子供の世話するんだから」と。 でも、奥様特に希望も無く。(だから尚更感じる罪悪感!!) だから家族との時間をなるべく減らさないように早朝ツーリングをしていたわけですが、(話は戻ります) 子供がパパっ子な時期が続くと、幼稚園に行き早起きになった息子が6時や7時に起きて、私の不在を知り大泣きをして奥様がユックリと寝てられないんじゃ! なんて思っているわけです。 (信号待ちで手をつないでくる息子) 続きを読む

2015.07.2

再発2

試乗したい気持ちが抑えられず、乗り気では無い奥様を連れて行って来ました。 MF Motorrad BMW (TEL:034-425-891 , 0817559595)というディーラー。 バンコクから約60キロ程度、サムットサコーン県になるのでしょうか。 グーグルマップ 「13.549375, 100.261857」 色々と悩んだ結果コレに試乗する事に。 R1200GS   以前カワサキのベルシスに乗っていた私にとって、このバイクの見た目は驚くほど大きく、重量感も半端無い。 え。。こんな大きなバイク乗れるのか? 数年ぶりのバイクを目の前にしてそんな不安感で一杯でした。 公道の試乗もokみたいですが、今回はあまり自信が無かったので敷地内だけを挑戦。 持参のメットを久しぶりにかぶり、バイクに跨る。   足が届かないかと思いましたが、試乗車はローシートに変えてあったようで、ちゃんと地面を踏みつける事が出来ました。 ドドドドドドド!!! ノーマルマフラーなのにこの重低音。 久しぶりに感じる振動! 早速ギアを入れてアクセルを恐る恐る回してみましたが、何でしょうか!? この軽さ! 1200ccのバイクだと全く感じないぐらい軽く、一速でU-ターンも楽々出来る。 言い過ぎかも知れませんが、以前乗っていた600ccのバイクの方が重かったかも? 左右にある数あるボタンの使い方は全くわかりませんでしたが、取りあえずこれだけ軽いという事に安心。 興奮で少し震えていたので、敷地を何往復かして終了。 もう、これしかない!? と自分の中でほぼ決定状態。 しかし担当者の悪魔の一言が。。。   「安全の為のエンジンガードとか、スポットライトとか、その他色々と後付したら、アドベンチャーと同じ額になりますよ? 因みにアドベンチャーって既にそれ全部最初から付いているんですよね。。。」   ~アドベンチャー?何のこっちゃ?と思った方の為に超簡単に説明~ このバイクは長距離移動専用のバイクなのですが、更にもっと旅がしたい人の為に、ガソリンタンクを一回り大きくし、10リットル多く入れる事ができる「アドベンチャー」というバイクもあるのです。 普通でガソリン満タン300キロ走るとすれば、アドベンチャーは満タン500キロ近く走る事が出来るのです。 バンコクからコンケンまで一気に行けちゃうわけですね。 日本だと大阪から東京まで! まあ、ハッキリ言って今の時代いたる所にガソリンスタンドがありますので、そんな扱いにくい大きなバイク必要ないんじゃ。。と言われる事は承知しています。 いや、正にその通りだと思います。   荒野が似合うタフなスタイル。 そしてその巨大な車体を乗りこなす征服感と充実感、そして圧倒的な存在感。 どこへでも行けるような、跨った瞬間に旅を感じるバイク。 自分の欲(長距離が楽にできて、荷物も沢山積めて、後ろに人も乗せられて、1人でもどこまででも行けて、早くて、快適で)を全て満たしてくれる。   上記した理由、これが全てじゃないでしょうか。 要するにロマンですよロマン。 ただ、今回アドベンチャーは在庫が無く跨っていないので、再度ディーラーに訪れて跨ってみたいと思います。 ローシートにしても足が届かなったり、あまりの重さで不安を感じた場合、大人しくアドベンチャーでは無い方を選ぶかもしれません。 まあ、実際こんな大きなバイクを駐車できる場所も無いので、色々とクリアーにしなくてはいけない問題がありますが。。^^; 果たして夢物がりとして終わってしまうのでしょうか。         続きを読む

2015.06.25

再発

最近バイク欲しい病が再発。 昔のように毎日乗れなくても、忙しい中たま~に日常からの逃避ツーリングが出来ればそれで満足! 一番欲しいバイクはコレ。 BMW R1200GS 荷物を積み込んで前から見るとタイの3輪タクシーのトゥクトゥクか!と思うぐらい大きいのです。 これは街乗り用では無く長距離ツーリング専用バイク。 山の中、川の中、どこでも行けてしまいます。(勿論腕次第ですが) タイでもこれを乗っている人達のグループが沢山あり、連休や年末になるとグループでタイの北部の山奥へテントを積んでツーリングしたり、未舗装の道が多いカンボジア、ミャンマーなどを砂埃を上げながら旅行をしている写真をよく見かけます。 また、定期的に技術向上の練習会なども行われているようです。 規則でガチガチに固められた日本と違いある意味自由な国のタイだから出来る練習方法や場所が沢山ありそうですよね。 しかしその大きさから渋滞の酷いバンコク市内をチョイ乗りする事は難しく、長距離ツーリングが出来無いのなら持っていても意味が無いと私は思うのです。 今の生活で果たして長距離ツーリングなんて出来るのか、、、、 答えは残念ながらNoです^^; 出来ても数ヶ月に1度、上手く祝日と日曜が続いている連休を狙い1泊2日が限界でしょうか。 共働きで3歳の息子がいる今、自分だけ1泊2日でツーリングをして来る、なんて無理かも知れません。。。 だから日本でも大型バイクに乗っている人達って自分の時間が作れるようになった年配の方が多いのですね。 仕方ないので夢バイクは子供が成長した日までお預け!   次に目をつけたのがR NINE T (R9T)というバイクです。 上記した夢バイクと同じ、車体の横に突き出たボクサーエンジン! 凄く興味がありますが、用途は全く正反対で一切の積載能力が無く、長距離ツーリングには全く向いていないシティー派バイクなのです。 これならバンコク市内をチョイ乗りしたりする分には楽しめるのでは? と思いましたが、市内をウロウロして何が楽しいのか分かりません。 やはり走る先に「旅」を感じたい。 これはどうでしょうか! BMW S1000RX BMW初のアドベンチャースポーツバイク。 これならチョイ乗りも、一気に遠出も出来るオールラウンダー。 今私の中では1番、2番を競っています。   因みにタイで人気のあるこのジャンルはこんな感じでしょうか。 ① カワサキのベルシス 以前私が乗っていたバイクです。 これでタイ中を走りましたが、少し物足りなさを感じました。     ② KTM ペブリー通りにディーラーがありますよね。 これも人気ですが、あまり好きな形ではありません。       ③ トライアンフ RCAにディーラーがあります。 以前試乗しましたが、なかなか好きな感じでした。     ④ ドカティー   トンローやウィパワディーランシット通りにディーラーがあります。 これも候補の一つ。。     ⑤ YAMAHA これもよく乗っている人を見ます。   こうやって同じジャンルを見比べてみると、迷いますね! (こうして考えている時が一番楽しいんですよね) 続きを読む