2014.12.8

誕生日2

誕生日後半   バンコク市内から約40キロ程離れたプタモントンにあるレストラン。 【 Anya’s place 】 → クリックでHPに飛びます スクンビットエリアにも沢山あるのでしょうが、タイ人で溢れたアゥエーの中でオシャレな店に行きたい時はお勧めします。 魅力はメニューの豊富さ。そしてカクテルやビールなどアルコールもかなりの量から選べます。   本当にコレは一部       何この種類の豊富さ。 3リットルグラスの甘いドイツビールもあります。(990バーツ) 価格もそんな高くないですよね。 結構タイで流行っています。注射器入りのカクテル。 美味しそう! ワインもありますよ。 簡単な料理から ベタなタイ料理も 生ハムも この上のパンの中にスープ?が入っているのも有名らしい ピザ釜で焼いています。 これも美味しそうだ。。 肉とビール スイートも充実。 本当にこれ一部の写真ですが、昼の11時半には満席になっていました。 夜は庭で弾き語りのライブがあるそうで、要予約だそうです。 メニューの写真では少しわかりにくいかも知れませんので、実際に頼んだピザを。   薄生地で上の生ハムも最高。 あまりに美味しかったので、生ハムだけ追加で食べちゃいました。 このグラスわかります? 一升瓶ほどの大きさ。 これで飲みたいな~。。 という事で、是非時間があり、たまにはアウェーで食べたいと思う方はここ【 Anya’s place 】 に行って下さい。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー グーグルマップ 【 13.797302, 100.330361 】 レンタカーで行く!と思ってくれた方。 大勢でハイエースで行くのがお勧め。 基本料金 : 1,900バーツ/10時間 ガソリン代 : 500バーツ (100キロとして) 高速代 : 100バーツ前後 合計 : 2,500バーツ前後(外税) 9人で行ったら一人たったの280バーツ♪ 安い! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   さて、お腹も一杯になったので、一気にバンコクに戻り、エカマイのゲートウェイの子供コーナーに行きました。 リニューアルしてから初めて訪れます。 入場料は18時以降は安くなるみたいですが、それより早い時間は。。。いくらだったか。。。覚えていません。 とにかく高くはない! 息子も大興奮。 奥様も大興奮。笑 彼はかなり車と電車が好きなようで、永遠と遊んでいました。 ここは広くないですが、広く無いだけに子供に目が届く範囲でいいですね。 大人も一緒に遊べる感じ。   子供の日+誕生日はまだまだ終わりませんよ!   たっぷり遊んだ後はトンローのトンロー横丁で夕食を。 奥様が今日は私が運転するから一杯飲んでいいよ!と言ってくれたので楽しみにしていました。 が。。。。大好きな日本酒は売り切れで小さな瓶しか無く。。結局あまり飲みたくなかった熱燗を飲みましたが、息子ちゃんは1日の疲れが出たようで眠たくてグズグズ言い出して来ました。。。 グズグズ状態の彼はパパが相手しないといけません。 奥さははラッキーとばかりに一人で携帯ゲームしたりフェイスブックしたり。。。 あ~あ。。。まだ食べ始めた所なのに。 仕方ないですが、さっさと急いで食べて不完全燃焼で終了 ^^; でもあまりにも不完全燃焼なので最後はラチャダSoi8にある「ラーメンみさわ」でシメのラーメンを一人で食べました。。 (そりゃ太るわ) 奥様はお腹一杯だそうで、車に乗ったとたんに寝てしまった息子を抱っこして車中で待機 ラーメンみさわって凄いですよね。 200以上ある席がタイ人で満席。 タイ人で満席になる日本人経営の店って珍しくないですか? 最近知り合いましたが、オーナーの佐藤さんは僕と同じ歳だそうで流石です!   という事で、僕の誕生日は相変わらず子供中心の日でした^^; でも子供の幸せが僕たち家族の幸せ^^ 家族が仲悪いと子供も不幸せ。 子供が笑わないと家族も不幸せ。 そう。 皆が幸せな毎日が過ごせる事に感謝です!   続きを読む

2014.12.7

誕生日1

おめでとうございます!!   え? 何の日ですか? 私の誕生日ですよ。 誕生日。 タイで何回目の誕生日でしょうか。。。。 毎年特に特別な事はしない主義なのですが、昨日は休日と重なったので、「週末は子供の日」 と 「誕生日」 という二本立てで遊びに行って来ました。   まずは前夜祭という事で、12月6日の夜は車でチャイナタウンに行き食べ歩きを。 ここも数年ぶりでしょうか。 都レンタカーのお客様もよくここに行かれるのですが、チャイナタウンは駐車場があまりありません。 その為、チャイナタウンの入口の有料駐車場に車をとめ、徒歩で行って貰う事になります。   相変わらずの人、人、人!! 車と人が多いので重い息子を抱っ子して歩きます。(速攻汗だく) 私が一番食べたかった中華料理店はこのように行列で待ち時間が半端なかった為に諦めました。。残念。 やはり小さな子供がいると行動が制限されますね。 ここも結構お客様がいた屋台。 蟹肉が入ったラーメンでした。まあまあかな? タイのラーメンって小さいんですよね。 日本人にはズズズ!っと3口ぐらいで終わってしまうかも。 全くお腹いっぱいにならないのですが、その日は子供が昼寝をしていなかったので眠たくて不機嫌に。。 も~。。来たばかりなのに。。 という事で、クーラーのついている大型のレストランに入ることにしました。   ココもガイドブックに載っている程美味しいらしいのですがどうでしょうか。 子供の相手をしながらですので、味もそこまでわからず。。 残念な事に、ここでお腹一杯になってしまい、チャイナタウンを堪能というよりただ飲茶を食べに来ただけという感じで終了。 ちょっと残念ですが子供がいると彼中心になってしまうのは仕方ないですね。   そして翌日12月7日の37回目の誕生日。 朝からタンブンをしにワットラカンに行きました。 ワットポー、ワットプラケオなども有名ですが、ここも結構有名なお寺なんですよ! ワット=寺 ラカン=鐘 土の中に埋もれていた鐘が見つかった事からこんな名前がついたそうです。 この寺を選んだのは、川に面していてパンや魚のエサを買って魚やハトにあげる事ができるから。 息子もパンを魚にあげて大興奮。 もう帰ろうと言っても全くいう事聞いてくれず大泣き。 サカナ~! サカナ~! と連呼していましたが、何とか騙し透かし車まで誘導。 あ、お寺で宝くじを買いました。 ちなみに宝くじセットで購入。1位になったら8600万バーツ(約3億円)。 当たったら会社どうしよ~かな~。笑   次はランチを食べにちょっと遠いプタモントンのある場所に。 続く。。。 続きを読む

2014.12.4

毎週末は子供の日!   という事で、今回は羊と戯れよう企画。 何故かタイには羊が多く、結構色んな場所に羊がいるテーマ―パーク的な物があります。 今回訪れたのは、ラーチャブリー県。 バンコクから180キロぐらい離れた山奥です。 もっといい場所あるでしょう? どうしてここなのか?と言うと。。。   奥様と結婚する前初めてのデートでここに車でドライブを兼ねて来たのです。 以前一緒に写真を撮った場所で、今度は子供を連れて行き、同じような写真を撮る。 何か時間の経過を感じて面白いかなと。。^^;   目的地までの途中、車内から見た光景。 小さな池で今夜の食事にする魚を釣っているのでしょうか。。 到着! ここは敷地内にリゾートホテルもあります。 夜は星が綺麗そう。 タイで建物の入口にある守り神?もリゾートの部屋の形。。 早速トラクターに引っ張て貰い、敷地内を一周。 ひろ~い敷地。 定番ですが、エサを購入して羊にあげます。 モッサモサの羊。 暑そう。。 奥様は動物が大嫌い。それに加えて超心配性なので、遠くから危ない!汚い!と連呼しています。 そんな彼女は放っておいて、私は子供に積極的に触らせました。 子供は汚れてナンボでしょう? 最近お気に入りの車のオモチャを羊に。。 やっぱり気が変わった!!!返して! 逃げろ~!   まあ、しかし1日中いる場所ではありません。 タイ人はひっきりなしに自分で自分の写真を撮っていますが、日本人には2時間程度遊んだらもういい感じでしょうか。 しかし、来た道をすぐに帰るのはちょっと面白くないので、周りをウロウロする事にしました。   もう少し山奥に入った所にあったのが「the resort suanphueng」 (→ アゴダに飛びます) 山奥にあるリゾートです。。 セブンイレブンも無いような広大な敷地の中にあるリゾート。 何もかも忘れて夜空の星を見ながらボ~っとするにはいいのかも知れません。   折角山奥まで来たのでそのリゾート周辺で遅い昼食を。。。 本当は羊が食べたかったのですが、残念ながらTボーンしかなく。 骨が大きくて何か損した気分。(貧乏人です) そう言えば人生初めてのTボーンステーキ。 スパゲティー。 小魚。 子供が好きみたい。 キノコのサラダ。カラい。 美味しかったですが、わざわざ山奥に来て食べる程の味ではありませんでした。 子供も思い切り遊び、食べて眠たくなってきたようですので、ちょっと物足りないですが帰宅する事に。 しかし私の旅好きの虫が騒ぎ、来た道を使わず更に山奥に行き、カンチャナブリーを通って大回りして帰る事にしました。 えっらい場所に来てしまった~。。。 電話の電波も無いし、ミャンマーとの国境近いし。。 女(奥様)と子供(2歳半)連れてこんな山奥で車が故障したら大変だな。。。引き返した方がいいのかな? など思いながら進みましたが、次回は冒険は一人の時にした方がいいかもです。 合計420キロ。 しかし一人で運転は疲れました。。 次回はカオヤイ方面のチョックチャイファームなどにしましょう^^; 続きを読む

2014.12.2

象乗り

毎週末子供の日!   と毎回書いておりますが、まあ気軽に見てください^^; 子供にはゲームセンターのコインで乗れる乗り物で遊ぶより、少しでも動物と触れ合って欲しいと思っています。 という事で、今回行って来たのはアユタヤの象乗り。 タイ語でキー・チャーンです。 この場所も都レンタカーではお客様がよく行かれる場所ですが、今回初めて訪れてみました。 アユタヤ市内の道は全く知らないので、途中自分の会社のドライバーに電話で道を聞きつつ、現地人にも聞きつつ。。。   敷地はそこまで大きくはありません。 象に乗る以外は特にチケットも必要ありませんが、せめて象にあげるエサは購入しましょう。 小さなバケツにタイのキュウリ?と芋が入っています。 象は1日150キロ程食べると言われていますので、街中で飼われた象さんを助ける為だと思って下さい。 写真を見るとキュウリ?はもう食べ飽きたのか、鼻で受け取っては地面に捨てていました。 好物は芋のようです。。 エレファント!ヤイ!(タイ語で大きい) ゾー! ヤイ!(タイ語で大きい) と永遠と連呼する息子。 大興奮。   次は本命の象乗り。 タイの残念なところですが、現地人価格と外国人価格が存在します。 外国人は400バーツと500バーツ/1人でした。 価格の違いはコースの長さの違いだそうです。   私はタイ人奥様がいるのでタイ人価格^0^ なんと100バーツ/1人でした。 敷地から外に出て、外周を一回りするのです。 象に揺られ、遺跡を見ながら、見た事の無い昔のアユタヤを想像します。 途中で象さんの水飲み場に寄ります。 大量に飲んでいました。 コースを歩き終わった後は従業員がカメラで撮った写真が画面に映し出されていますので、それを1枚の写真にしてもらい購入ができます。 小さな写真は180バーツ前後、大きな写真は350バーツ前後でした。 記念に1枚小さなものを購入^^;   以下感想です。   1. 暑い!暑さ対策必要! 2. 象の上はかなり高く、かなり揺れます。乗った後にカメラを鞄から探して・・・などしていられませんので、カメラなど完璧に用意してから座りましょう。 私は子供を抱きながらでしたので、Ipadで上の写真を数枚撮るだけでかなり必死でした。 3・ 納得いきませんが、外国人価格がある事は認め、ゴネても安くなりませんので、象を助ける為だと思い払っちゃいましょう。笑   都レンタカーでアユタヤ観光に行くとこんな感じでしょうか。   基本料金 : 1,200バーツ/8時間 (トヨタ・ビオス) ガソリン代 : 800バーツ前後 (往復160キロ走るとして) 合計 : 2,000バーツ前後(外税)   ・ 3人で行けば一人2500円ぐらい   ※ 高速代は乗り口により200バーツ~300バーツ前後でしょうか。アユタヤ方面の高速って高いのです。 ※ ガソリン代は実際に走った距離×5バーツ計算となります。 上記の距離は最短予想です。   さて、次はどこに行こうかな? 続きを読む

2014.12.1

エビの釣堀

毎週末は子供の日。   息子ちゃん、平日の日中は毎日義理母と過ごしているので、家から出れずかなりヒマな思いをしているようです。 そんな息子を週末ぐらいは思い切り楽しませたい!と思い、勝手に 「毎週末子供の日」 を設定しているのです。 最近行って来たのは「エビの釣堀」! 都レンタカーをご利用のお客様もよく行かれる場所ですが、私は一回も行った事が無かったのです。 調べてみると家から近く、よく通っている道にありましたので、暑さを避ける為、夕方に行って来ました。 こんな場所です。 釣堀を囲むように椅子が置いてあります。 息子は大興奮。 エビ!エビ!と帰るまで連呼していました。 客層は家族連れの日本人、韓国人や中国人、若い子を釣れた日本人のオジサマ。。。 ほとんどの人はビールやツマミを頼み、マッタリと釣りを楽しんでいました。 ある意味、友達などと話をする事がメインで、たまに釣りを~というスタンスでしょうか。 本気で釣りするぞ!!という感じではあまりないようです。   エサは鳥か豚かの内臓を2ミリぐらいに切った小さな小さなもの。 それを針に取り付けて釣堀に落とし、気長に待つわけです。 そして連れたら係員の子供が針から取ってくれます。 そして最後にそのエビちゃんを使用して料理をして貰うわけです。   エビは重さにより価格が設定されており、更に料理をしてもらう手数料もかかります。 自分のエビを使わず、店のエビを使って料理をして貰ってもOKですが、結局同じぐらいの価格になります。         子供の相手が忙しく、今回はあまり写真を撮れませんでした。。 かなりサックリと書いてしまった今回の記事。 以下数点だけ伝えたいです。   1. 料理は特に特筆するレベルでは無い。 2. 子供を楽しませたり、ビール飲みながらマッタリとする場所としては近場なのでOK. 3. 蚊と暑さ対策必要。   因みにレンタカーで行った場合はこんな感じでしょうか。   基本料金 : 1200バーツ(トヨタ・ビオス) ガソリン代 : 150バーツ前後(30キロ前後走るとして) 合計 : 1,350バーツ前後(外税) ※ ホテルやご自宅の場所により高速代が100バーツ前後かかるかもです。 釣堀の隣にはスパやサウナなどがあるようです。 場所は、、、ちょっとわかりにくいかもですね。 続きを読む