2020.04.4

4月4日、大使館からのお知らせ

いつもお世話になっております。 4月4日の在タイ日本大使館からのお知らせを以下にリンクさせていただきます。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ・タイ保健省はタイへの渡航者に対する検疫措置を強化する旨を発表しました。 ・日本を含むリスク地域等からの渡航者は,タイ政府等が指定する施設において14日間隔離されることとなるとのことです。 ・本措置は今後の発表等により変更等の可能性もありますので,最新の情報収集に努めて下さい。 4月4日から6日まではタイ国に向けた航空機の飛行の禁止措置がタイ民間航空局から発表されているところですが,4月2日夜,タイ保健省は,タイへの渡航者に対する検疫措置の強化(政府が提供するホテルや軍の施設での検疫(隔離)等)を発表しました。 タイ保健省からの発表の概要(抜粋)の日本語訳は以下のとおりです。 2.1(日本を含めたリスク地域等からの渡航者に関して)渡航者は空港で政府職員及びサーモ・スキャンでのスクリーニングを受ける。熱がある場合には,ガイドラインに沿って対応される(注:検査の実施や医療施設への隔離など) 2.2渡航者はAOTエアポートのアプリをダウンロードし,T8フォームに入力しなければならない。 2.3タイに到着後は14日間,以下のとおり地域での検疫(隔離)(local quarantine)又は自宅での検疫(隔離)(home quarantine)となる。 2.3.1渡航者のhometownがバンコク又は周辺県の場合には,ホテル,軍の施設などの政府が提供する指定疾病管理区域で,検疫(隔離)(quarantine)される。 2.3.2渡航者のhometownが上記以外の県の場合には,ケース・バイ・ケースで、地方当局が提供する指定疾病管理区域又は渡航者の宿泊施設で,検疫(隔離)(quarantine)される。 2.3.3渡航者が自宅での検疫(隔離)を希望する場合には,空港職員の指示に応じて,新型コロナウイルスの陰性の検査結果を提示しなければならない。 2.4渡航者はタイ政府が準備した車両で,上記の政府による検疫(隔離)場所まで移送される。 詳細は以下のタイ保健省発表(英語)をご参照ください。 https://ddc.moph.go.th/viralpneumonia/eng/file/main/Measures_for_traverlers_from_aboard_v5.pdf ○外務省海外安全ホームページ https://www.anzen.mofa.go.jp/ ○在タイ日本国大使館ホームページ https://www.th.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html ○タイ保健省 疾病管理局(Department of Disease Control) https://ddc.moph.go.th/viralpneumonia/eng/index.php ○厚生労働省ホームページ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html ○厚生労働省(日本における水際対策の抜本的強化に関するQ&A)https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html ○厚生労働省新型コロナウイルスに関するQ&A https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html ○厚生労働省新型コロナウイルスを防ぐには https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000599643.pdf ○厚生労働省感染症対策の基本 https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000593493.pdf (問い合わせ先) ○在タイ日本国大使館領事部 電話:(66-2)207-8500,696-3000 FAX:(66-2)207-8511 ※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)専用直通電話:(66-2)207-8533,207-8534,207-8535 所在地: 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330 (ウィタユ通り,ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー タイは本気で4月中に状況を良くしようと締め付けが厳しくなってきているようです。 続きを読む

2020.03.26

渋滞が予想されます

3月26日の緊急勅令によりバンコク都と他県との境にチェックポイントが設けられるとの事です。 体温チェックなどがあるようで、かなりの渋滞が予想されます。 1:ジェーンワタナ通り(ノンタブリー県境) 2:スウィンタウォン通り(チャチュンサオ県境) 3:カンチャナピセーク・ソイ93(サムットプラカーン県境) 4:スクンビット通りBTSベーリン駅付近(同上) 5:ラチャダーピセーク通り(ノンタブリー県境) 6:プミポン橋下(サムットプラカーン県境) 7:ラマ2世通りソイ92(サムットサーコン県境)   タイでも初めての試みですので、どの程度渋滞するかなど全く予測は出来ませんので、お客様に出発時間をご提案する事も難しいと思われます。 早め早めの行動計画をお勧めいたします。 なお、体温チェックの他、パスポートやワークパーミットも念のために所持された方が良いかもしれません。 (我々外国人には入国日を調べると予想されますので)   噂であった外出時間制限は現時点では無いようです。 今回は以前のデモ隊による危険などではなく、[感染防止]ですので24時間外出禁止じゃないと夜間だけ外出禁止にしても意味がないですもんね。。。   続きを読む

145972
2020.03.25

コロナ(運転手の管理)

いつもタイ、バンコクの運転手付きレンタカー、都レンタカーをご利用いただきありがとうございます。 ご存知の通り、日本からタイへの入国はほぼ不可能となり、タイでも明日3月26日から政府が非常事態宣言を出すなど混乱が続いております。 ただ、現時点では26日からどのような制限がかかるのかは明言されておらず、予測では夜間外出禁止や何人以上の集会禁止などが実行されるのでは?と噂されております。   弊社ではレンタカーご利用希望者様には勿論喜んでご予約を承っております。 弊社の対応としては以下のようにしております。   1、デイリー、マンスリーの担当ドライバーは毎朝体温を計測し、弊社にラインで写真を送る事。               2、37.5度以上の発熱や、咳、鼻水が出ている場合は勤務不可。  直ちに弊社に連絡をし代車でご用意いたします。   3、同居中の人間に37.5度以上の発熱や、咳、鼻水が出ている場合は勤務不可。 直ちに弊社に連絡をし代車でご用意いたします。   ***免責事項*** 万が一ドライバーが上記症状で代車をご用意する場合、渋滞状況によりお迎え時間に遅れが出る事がございます。 また、空き状況によりご案内車種とは違う車種でお迎えする事もあり得ますのでご了承くださいませ。   ***お願い*** 朝出勤前に上記症状が無くても勤務中に出てくる可能性もゼロではないと思います。 その場合は、お手数ですがお客様から弊社にご連絡いただけないでしょうか。   反対に、お客様も発熱や上記症状がある場合は、弊社レンタカーのご利用をお断りする場合がございますので、この点だけ何卒ご了承くださいませ。 以上よろしくお願い致します。   続きを読む

2020.03.19

タイへの入国制限について

いつもタイ バンコクの運転手付きレンタカー、都レンタカーをご利用いただきありがとうございます。 本日日本大使館より以下のような通達がございましたので共有させていただきます。 * 一番下に要約がございます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 3月18日,タイ民間航空局は,タイ感染症法に基づく新型コロナウィルス感染症(COVID-19)対策を受け,以下のとおり渡航者に対する措置を発表しました。主な要旨は以下のとおりです。 なお,今後タイ当局からの発表等により,運用変更等の可能性もありますので,最新の情報収集に努めて下さい。 ・タイ民間航空局(The Civil Aviation Authority of Thailand(CAAT)) https://www.caat.or.th/wp-content/uploads/2020/03/CAAT-COVID-19-Practical-Guideline-18Mar20-1.pdf ・タイ国政府観光庁 https://www.thailandtravel.or.jp/news/66243/ 1 航空会社に対して,搭乗手続き(チェックイン)時,日本を含む感染が拡大している地域からタイへ入国される渡航者について,以下の項目を確認し,乗客に対する審査を実施するよう通達が出されました。 ※これらの措置は,タイ現地時間3月21日午前0時から適用されます。 ・過去14日間の乗客の移動履歴を確認し,危険感染症地域(現時点では,韓国,中華人民共和国(含:マカオ,香港),イタリア及びイラン)及び日本を含む感染が拡大している地域(現時点では,日本,フランス,スペイン,アメリカ,スイス,ノルウェー,デンマーク,オランダ,スウェーデン,イギリス及びドイツ)に移動したか否かを確認する。 ・新型コロナウィルス感染症(COVID-19)につき感染している恐れがない旨を示す健康証明書を確認する。健康証明書は,出発日の72時間以内に発行されていなければならない。 ・新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の医療費につき,10万米ドル相当以上の額を補償することが分かる健康保険を確認する。 2 上記の乗客が,危険感染症地域及び感染が拡大している地域への渡航歴があり,また上記健康証明書及び健康保険を提示できない場合は,航空会社は搭乗券を発行せず,搭乗が拒否される。 3 審査を通過し,搭乗券が発行された後,航空会社は健康に関する質問票(T.8)を乗客に配布し,空港の検疫所において提出する。また,タイ空港公社(AOT)のアプリケーションに自身の情報を入力しなければならない。 今後,日本を含めた各国の感染者数等の状況等を踏まえ,これらの措置が変更されることもありますので,引き続きタイ政府からの発表等の最新の情報収集に努めて下さい。 また入国時や病院受診時など,必要な場合にはきちんと日本等への渡航歴をご申告いただくようお願いします。 ○外務省海外安全ホームページ https://www.anzen.mofa.go.jp/ ○在タイ日本国大使館ホームページ https://www.th.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html ○タイ保健省 疾病管理局(Department of Disease Control) https://ddc.moph.go.th/viralpneumonia/eng/news.php   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 上記項目2に注目してください。  「2 上記の乗客が,危険感染症地域及び感染が拡大している地域への渡航歴があり,また上記健康証明書及び健康保険を提示できない場合は,航空会社は搭乗券を発行せず,搭乗が拒否される。」 現在日本の医療機関では症状が出ていない人を検査することはできないそうで、未感染証明の取得は不可能です。 要するに「タイへの事実上の入国禁止措置」となったようです。   バンコクではマッサージ、バー、カラオケ、映画館、学校、フィットネスなどレストランや居酒屋以外の娯楽施設は3月31日まで閉鎖になりましたが、 本日の通達により日本からの観光客もゼロになったわけで、当分静かなタイになりそうです。。。 続きを読む

2020.03.18

コロナの状態(都レンタカー)

いつもバンコク タイの運転手付きレンタカー 都レンタカーをご利用いただきありがとうございます。 新型コロナウイルス騒動は始まったばかりですが、ここで弊社の状況やバンコクの状況をわかる範囲でお知らせ致します。   〜レンタカーの予約状況〜 現時点では飛行機のキャンセルやコロナ感染の心配などで3月は日本から来られる方のご予約はほとんど無い状態です。 ただ弊社は日本法人様以外にタイ法人様のご利用も半分近くございますので、タイの駐在員の方にお仕事でご利用をいただいております。 通常と比べて稼働率は半分以下にまで下がっておりますが、こんな状況の中 弊社をご利用いただけて心から感謝をしております。   〜レンタカーの空き状況〜 トヨタ・ビオスは相変わらず人気があり満車日もございますが、その他は全体的に余裕がある状況です。 ただ、一気に仕事が減った事から「しばらく実家に戻る」ドライバーも増えて来ており、普段よりお手配が出来る車種が少なめになって来ているかもしれません。   〜バンコクの状況〜 2020年3月18日から3月31日までバンコクやパタヤーではバー、ディスコ、特殊浴場、映画館、マッサージ店、エンタメ施設、カラオケ、学校を封鎖する事になりました。 お酒メインの店はお休みになりますが、禁酒になったわけではございませんので、お酒の売っているレストラン(居酒屋、ラーメン屋など)は通常通りの営業だそうです。 いつもより渋滞は緩和され、夜もかなり静かな町になるのではと想像されます。 また、日本のように多少のパニック買いも見られ、大型スーパーマーケットなどでは普段より行列が多く、カゴ一杯に乾物(ママーやパスタ)や缶詰などを購入しているタイ人も増え、(私の自宅の近くの)Big-Cなどでは空になった陳列台が目立っていました。     お客様の中では運転手付きレンタカーのご利用で感染の心配される方も多いと思います。 私もここに家族がおりますし、3歳、7歳の子供もいます。 ドライバー達も小さな子供がいる者が沢山いますので、心配な気持ちは同じだと思います。 (運転手の中でも日本から来られる方は感染していないのか?と聞いてくる者もいました) ただ、症状の出ない感染者も沢山いるとどこかに書いていました。 (個人的な意見ですが)正直な感想はこの時期に自宅から出た時点で感染のリスクはゼロでは無いと考えています。 そして自宅から出ない生活は不可能に近いですので、必要がなければ人混みを避ける、自身がまめに手洗いをする、マスクを着用する、そして免疫力を高める事ぐらいしか対応が出来ないと思います。   こんな私は、かなり暇になったので最近は毎朝ジムに行き筋トレ、その後にプールで泳ぎ、部屋に戻ってローラーの上で自転車をする事で健康になれるように心がけています。 (と書いている本日 3月18日からコンドミニアム内のプールとジムが閉鎖になってしまいました・・・)   3月、4月は間違いなく会社として厳しい月になると思いますが、引き続きタイ バンコクの運転手付きレンタカー 都レンタカーを宜しくお願いいたします。 続きを読む